#ひとぅ雑記 #107 iPhoneの価格は高いのか?

iPhoneの価格がどんどん高くなっています。高機能化により価格上昇するのは仕方ない事ですが、iPhone Xは64GBでも12万超え、256GBは14万超えにもなります。iPhone 8でも85,000円〜、iPhone 8 Plusは96,000円〜にもなります。

この価格を見て私は高すぎると思います。普段持ち運ぶもので、10万円前後、ましては10万円超えのものを持ち運ぶのは危険過ぎます。壊したときのショックが大きすぎます。「感覚的には5万円前後まで。」と思います。この感覚は人それぞれですが、実際に落とした時の被害は大きいことには変わりはありません。

本題の「iPhoneの価格は高いのか?」という件に関して考えるならば、比較対象となるAndroidの価格帯を見てみる必要があります。

iPhoneと比較対象とされることが多い、Galaxy Note 8とGalaxy s8を見てみましょう。価格の差は1.5万円〜2万円ほどのiPhoneの方が高いようです。

性能はほぼ同じ(かなり乱暴ですが!)ですが、Apple製品との親和性を重視する場合や、日本ではiPhoneユーザーが多い点などを考えると、iPhoneに優位性があります。この点はなかなか価格差を付けられませんが、1万円前後の差と感じられるかも知れません。

それでもまだ、iPhoneの方が高いですが、使い終わった時の売却価格を考えてみましょう。これは明らかにiPhoneの方が優位です。1万円以上の差があり、また型落ちをしても数年間は価格が安定している点も大きいです。

iPhoneとGalaxyで比較するなら、iPhoneは高くないと言えるかもしれません。

さて、前段の話しに戻ると最新機能を有する10万円前後のiPhoneは他のフラッグシップモデルと比較すると高くはないと言えますが、ミドルレンジ、エントリーレンジのモデルについて考えるとiPhoneは、iPhone SEと前モデルの継続販売で戦っているのが実情です。

このレンジで考えるとiPhone SEは42,000円ほどですしこれまた、いい価格帯で勝負していると言えるでしょう。iPhone 6sに至っては54,000円ほどです。現在販売されているAndroidのミドルレンジの商品と比較しても多少性能で見劣りする程度でじゅうぶん戦えます。

総合的に考えるとエントリーモデルは存在しないものの、ミドルレンジ、フラッグシップモデルのジャンルで製品を取りそろえているiPhoneの価格は、他社製品と比較して、価格は高くはない。と言えるかもしれません。

最後に新しいもの好きの私から言わせてもらうならば、新商品は高すぎて手が出ない。型落ちのを安くされても買いたくない。というのが本音です。なので、最近はAndroidに興味が移っていて、こどもたちをのぞき、大人たちのスマートフォンはAndroidに切り替えました。(ガラケーからの乗り換え組)

ガラケーからの乗り換え組は、そもそもヘビーな使い方をしませんし、解像度の高い写真を撮影できるだけでも感動もののようです。エントリーモデルのAndroidでも充分なのです。iPhoneで言えば、iPhnoe 6あたりの中古を購入する手もありますが、バッテリーの持ちやiOSの肥大化に対応できない可能性が高いと判断し、Androidの最新モデルを購入しました。

現状は、ライトユーザーであってもフルスペックのiPhoneを使っていますが、必要な機能だけでいいのに。と考える人に取ってはiPhoneは高いと思います。残念ながら中古のiPhoneを購入する以外に選択肢がないのです。

最新のiPhoneが売れなくなるリスクをはらんでいる事は理解しますが、iPhone SEに続くモデルを準備する必要は少なからずあると考えています。

みなさんは、iPhoneの価格についてどう感じますか?

 

いいね! (この記事を気にいってくれた方は、♡をクリックしてね!)
Loading...

Posted by hitoxu