#ひとぅ雑記 #195 久しぶりに大阪府南部の平野部で雪が積もりました

朝、子供たちが家の中をバタバタする音で目が覚めました。三連休最終日の朝、布団の中でゴロゴロするのを楽しんでいたのに何事かと思ったら、昨夜中に降った雪が積もっているというのです。

大阪の平野部では2、3年に一度くらい、しかも1〜2センチほどしか積もりません。今年は北陸地方を中心に全国的に大雪の被害が出ているため、素直に喜べない自分がいますが、大阪では珍しい雪が降ると少しテンションが上がってしまいました。

朝から子供たちと雪だるまを作って、雪合戦をしました。しかし休日で良かったと思います。通勤通学で滑って転倒事故の危険性もあるし、何よりこうして子供たちと雪で遊ぶなんてことも、珍しいですから。

朝から日が差していたため屋根の上の雪はほぼ溶けて、日陰に少し残る程度になりましたが、雪も少しだけだと楽しめるのですが、豪雪地域のドカ雪は厄介者ですね。

雪は、スキーなどレジャーで楽しんだり、スポーツで利用したり。生活に大きな影響が出たりといろんな顔を持っています。人間は自然の中ではちっぽけな存在なんだな、とふと感傷的になってしまいました。

人間も動物ですから自然としっかりと向き合って、うまくつきあっていきたいですね。

いいね! (この記事を気にいってくれた方は、♡をクリックしてね!)
Loading...

Posted by hitoxu