もう15年ほど前の話になりますが、当時はまだブログを書いている人はほとんどいなくて私も趣味でサイト運営をしていましたが、まだブログは未経験でした。

当時から何かを発信したい!という思いは常にあったようで、ブログではなく、メールマガジンという媒体が主流で多くの人がメルマガを定期的に発行していました。

私の場合は週刊で複数名でコーナーを分担して共同発行をしていました。もちろん無料で、広告も掲載せず、何かのセミナーに勧誘することもなく、ただただ趣味の情報を発信し続けるというまじめな、儲ける気無しのメルマガでした。

約3年以上続き読者数は3,000名を超えていました。ただただ楽しかった記憶しかありません。メルマガなのに一丁前に編集後記なんてのもあり、数千時レベルのメルマガをよくもまぁ、毎週発行していたな、と自分なりに関心してしまいます。

今からそんなパワーはありませんが、実は、最近は「有料メルマガ」なるものにちょっとだけ興味があります。

週刊で発行し毎週話題になったニュースを解説するメルマガというのも楽しいかな?とか有料会員限定のメルマガだからこそ書ける話題というのもあるかな?とかいろいろと思案中。

まだ、ぼんやりし構想段階ではありますが、需要があるか?どんな構成にすれば無理なく続けられるか? 最も重要な点、読者の方がお金を出してでも読む価値を感じてくれるか?といろいろと考えることが意外とおおいですね。

いろいろと考えるだけで疲れてしまい実現しないなんてことも多いので、一度初めて見る。というのもいいかもしれませんね。

あなたの会社ではまだバレンタインデーにチョコを配る習慣はありますか?別にそれが良い、悪いをここで話題にしたいワケではなく。私の会社ではもう随分前にそんな習慣は無くなりました。

その代わりと言ってはなんですが、おばあちゃん(実母)と、嫁と、愛娘がいるので家に帰れば、一気に3人からチョコがもらえるんだから私は幸せ者です。(笑)

そんなわけで今日はほぼ定時に会社を出て、何食わぬ顔で帰宅。若干そわそわしながら、その時を待ちました。

夕食後にそんな雰囲気になり、3人から無事今年もチョコをいただくことができました。みんなありがとう!!

しかし最近は、友チョコなるものがあって女の子同士でも交換をすることが多いのだとか。家の中でもおばあちゃんが、嫁や娘にもチョコを渡していました。娘はクッキーも作っていましたが、女友達に配りまくったそうです。

いやいや、バレンタインデーの意味合いとかが大きく崩れちゃっているし!! 別に構わないんですが何でもかんでもアリになってしまうと、収拾が付かなくなってしまうかな、と。

楽しければいい。とは思いますが、バレンタインデーは女子から男子へ勇気を持って告白をするチャンス、キッカケの神聖なイベントであって欲しい気もあります。こんなことをいうようになったら歳を取ったことなのかな?

みなさんのバレンタインデーはいかがでしたか?