お天気も悪く、お出かけの用事が無かったことと、何となくお出かけをする気分ではないので、今日は一日、家でのんびりしています。

そんな時に投稿する場所が、ここ、ひとぅ雑記なんですが、ちょっとだけ浮気心を出して、文章を書く事に集中できるブログツールを調べてみました。

今回、調べて見たのは次の4つ。どれがいいかは使う目的によって評価は違ってきます。結論を言うと私はWordPressのままで、ひとぅ雑記を続けていこうと思います。

  1. Medium
  2. note
  3. tumblr
  4. g.o.a.t

Medium

BloggerやTwitterを作った偉い人が作ったサービスだとか。エディタはシンプルで文章を書いたり、リンクを挿入したり、画像を挿入したりをサクサクッとできちゃうのが特徴です。

Mediumでコミュニティ機能があり、文章をドラッグしてシェアしたりコメントできる点が高く評価されているようです。また、記事をまとめてマガジンを作れるのも特徴です。

独自ドメインは78ドルで設定可能。初回のみで月額は費用発生しません。少し前までは無料で設定してくれていたらしいのですが、スタッフによる手作業のようなので仕方ないですね。

Medium

note

noteはMediumと似たインターフェイスですが似ています。と、言うかMediumをよく研究して作られたという方が正しいかも。コミュニティ機能はありますが、いいね!とコメントがありますが、文章をドラッグしてシェアできない点は機能不足。

文章の書きやすさも、微妙にMediumと違いがあったりします。画像を記事にドラッグできないなど作り込みの甘さが気になります。

一方で、Mediumに無い機能として、100円からノートを販売することが可能です。記事から写真、そしてノートをまとめたマガジンまで。このあたりはよくできています。パブリッシングを意識したツールと言えます。

独自ドメインは月額500円のプレミアムでのみ利用可能です。Mediumより安価に始められますが、ランニングコストが発生します。

note

g.o.a.t

KDDIが運営するブログサービス。広告を一切掲載しないというポリシーには好感が持てます。日本独自サービスということもあり、縦書きの記事投稿が可能な点も大きな特徴です。収益化は優良サービスなどを検討しているらしく、今後も広告掲載はしない予定だそうです。

気になる点は、収益化の目処が立たなくて、KDDIがサクッとサービスを終了するんじゃないか?という事ですね。大手企業はドライですから。

文章の書きやすさは、Mediumやnoteと違い、ビジュアルエディタで書きづらいです。雑誌に直接書き込んでいるといった印象です。好みの問題かも知れませんが私は文章入力に集中できなさそう、と感じました。

コミュニティ機能はありますが、ユーザー数がまだまだ少ないためか、活発さは低いです。また、独自ドメインは設定できません。

g.o.a.t

tumblr

今回の4つのツールの中で最も歴史のあるサービスです。コミュニティがあり、文章に拘ったり、独自ドメインを無料で設定できたりとパーフェクトなサービスだったりします。

2013年に米Yahoo!に買収された後は、大きなバージョンアップは行われておらず、エディタも使いにくく、楽しさが感じられないという、サービスとして決定的なマイナスポイントがあります。

tumblr

まとめ

私が出した結論は、「WordPressでいいや。」です。

将来性は自分次第だし、コンテンツの投稿のしやすさ、管理、独自ドメインも自由にできる。コミュニティ機能を必要とせず、構築・管理が面倒でなければ、自由度の高いWordPressがやっぱり最良であるという答えに至ります。

文章が書きやすいエディタ、サービスを探す旅は、数カ月に一度、定期的にやってくる波です。こうやって新しいサービスや技術、世の中の流行を知る事はとても大切です。

みなさんは、どのサービスがお好みですか?

みなさんは、独自ドメインをお持ちでしょうか?最近は誰でも簡単に取得できるので、持っているよ〜。という方も多いでしょう。かくいう私もいくつもドメインを持っており、普段使うメールアドレスも独自ドメインを使っています。独自ドメインを使うと、覚えてもらいやすい。という特徴があります。

私が初めて取得したドメインは、かれこれ20年近く前に取得しました。当時は、いわゆるドットコムブームで、トップドメインの数は国名を除くと10個ほどしかなかったと思います。

個人が、独自ドメインを取得しようとすると、.com、.net、.org、.jpがほとんどでした。これらのトップドメインに意味は無いため、セカンドドメインに意味を持たせ、○○ドットコムというように覚えていました。ドットコム自体に価値あるもので、独自ドメインはドットコムまたは、ドットジェーピーで取得するのが主流となっていました。

時代が流れ、トップドメインに意味を持つものが採用されるようになりました。

.blog、.clus、.online、.wikiといった具合です。こうなるとセカンドドメインとトップドメインをセットで意味を持つようになりました。例えば、ひとぅブログならば、hitoxu.blogを取得すれば、サイト名とドメインがそのまま一致することになります。(取得予定はありませんが。)こういった使い方をするサイトも増えました。とても覚えやすいし、サイトの目的も分かりやすいメリットがあります。

しかしその一方で、トップドメインが氾濫することで、.comの価値が下がってしまったという面もあります。それまでは、意味のある単語のドメインはもちろん、短いドメインにも大きな価値がありました。今では、.comなど一部の有名なトップドメインを除き、その価値は大きく下がりました。

特に、.to(トンガ)などドメインで稼いでいた国(?)は大きな損害でしょう。でもドメインは有限です。世界中で多くの人々が使うようになったインターネットなので、多くのトップドメインを提供し、分かりやすいドメインを多く提供できる方がいいでしょう。

土曜の朝、私のドメイン、hitoxu.com を眺めながら、いろいろと考えてしまいました。

ToDo管理は長年の課題です。しかし、ここ3〜4年はTodoistで落ち着いていてようやくToDo管理の終着駅、ゴールが見えたか?と安心していましたが、半年以上Todoistをまともに運用できていない状態が続いていました。このため6月19日に有料会員の期限がきましたが、更新しませんでした。

なぜこのような状況になっていたのか。主な理由は、私の仕事の特性として、ルーティンで実行するものと、継続的に実行する仕事かつ状況が変化し続けるものが多いという仕事の環境変化が大きな理由でした。

それらを区別無く一括で管理するのがToDo管理ソフトの思想であり、やることはこの中にすべて入っている!と考えるのが自然です。しかし、実態としてそれがうまく機能しないのです。

具体的にいうと、ルーティン作業であってもその日にちゃんと終わる仕事は実は少なく、この日から気にしだしておいて、この日までに終わらせれば良い。という仕事が結構あります。この表現がどのToDoアプリも弱いのです。

また、継続的に実行する仕事で、目的は変わらずに日々状況が変わり、やることも少しずつ変化する事が多く、ToDoアプリでは都度メンテナンスが手間ですし、見つけるだけでも大変です。そこに時間を割きたくないのです。

  • 〆切りがあるけれども着手時期を意識したいルーティンToDo
  • 複数のプロジェクトで、サブタスクの状況が日々変わるToDo

これを実現させるために私が考えたのが、2つのアプリを利用して一覧性を高める方法。

具体的にルーティンのToDoだけをまとめて、ToDo(マイクロソフト)に登録しました。完了すれば次のタイミングに自動的に締め切り日が変更されます。ToDoを起動すれば、ルーティンの仕事を一覧で確認できるので、抜け漏れなく処理できることになります。他の仕事と混じらない。というのが重要で一覧性が良いので安心感が高まりました。

また、ToDoはアプリへのリマインダーが無料で使えます。意外とスマホアプリへのリマインダー機能が無かったり、あっても有料プランの加入が必須のToDoアプリが多いなか、ToDoは無料!さすがマイクロソフトさん!!ありがたいです。

ToDo

もう一方の日々状況が複雑に変化するToDoは、ToDoアプリによる管理を諦め、Dynalistというアウトライナーアプリを利用することにしました。Dynalist自体でもチェックリストを付記したり、締め切り日を書けるので、意識することが可能です。

今日やること。や、長期的なプロジェクト、その中のサブタスク。それぞれの状況をメモに書き残したり。現在置かれた状況と次に何をしたら良いかをアウトライナーの機能を利用して、ToDoのツリーの中に書いてまとめています。これも一覧性が高いのが特徴で、今、どれだけの仕事が並行で進んでいて、それぞれの状況がどうか、次にやることは何か?を何が課題か?を確認することができます。

状況変化がある度にメンテナンスが必要なのは、従来のToDoアプリと同じように見えますが、タスクが細切れになっていないので、見つけやすく、また前後関係のタスクや状況が目に入るので頭の整理も兼ねて情報を更新することができます。情報を更新する際に、「こうした方がいいのでは?」だったり「こっちを優先しよう」といったアイデアも生まれたりもします。

Dynalist

情報集積としてこれまでは、Evernoteを愛用していましたが、後から見返す事はほとんどありませんでした。EvernoteもやめてScrapboxを使い始めました。これについては改めてお話ししたいと思います。お楽しみに。

ここ2〜3ヶ月、このやり方で仕事を進めていますが、Todoistをの時よりも頭が常に整理できていると感じられます。Todoistを使っているときは、すべてのやるべき事は、Todoistに入っている安心感はありましたか、やるべき事を俯瞰的に見て理解して頭を整理することが難しかったように思います。

ToDoアプリでいいものが無いか?お悩みの方に、ToDo(マイクロソフト)+Dynalistの組み合わせをオススメします〜。ぜひ参考にしてくださいね。

平日は外出先でパソコンを使う事がほぼ無い生活パターンになっている私ですが、1kgを切る11インチ程度のノートパソコンが欲しくなってしまいます。

第一候補に上がるのが、MacBookになるわけですが、10万円超えは高すぎます。用途としてはテキスト入力が中心になるので非力でも十分なんですが。

今、目を付けているのが、ASUS E203MA(E203MA-4000G)だったりします。6月23日に発売予定、39,744円とお安い。これまでのASUSの人気シリーズの最新版となります。重量はこれまでと変わらず約1キロ、CPU、メモリ、ストレージともに順当にパワーアップしています。

ASUS E203MA

インテル® Celeron® プロセッサー N4000、メモリ4GB(LPDDR4-2400)、eMMC 64GB、バッテリーは約14.6時間。これだけあれば十分にセカンド機、テキスト入力機としては役立つ事間違いなさそうです。

タッチパネル非対応だったり、キーピッチが1.6mmと少し狭い点が気になるけれども約4万円でこの性能なら満足できるのでは?と思ってしまいます。外出先でテキスト入力をする機会が多いのならば、ぜひ購入したいのですが、購入を決定するまでには至っていません。

以前の203シリーズでも確か購入をものすごく悩んで、結局買わなかった経緯があるのですが、今回も同じパターンになるかも?

そもそも、以前、購入した、Lenovo ThinkPad X230は家でほぼほぼ眠っている状態だったりします。さすがにモバイル機として持ち運ぶ機はありませんが、テキスト入力機としては、X230の方が優れているとも言えるんですが、家ではやっぱりMacBook Proを使ってしまっています。(Happy Hacking Keyboardがあるから)

さて、明日発売のASUS E203MA(E203MA-4000G)。欲しいな〜。誰か肩を叩いてくれないかなぁ?(笑)

私のTwitterをフォローしてくださっている方は、気がついているかも知れませんが、ここのところ、登山にハマっています。しかも金剛山!(笑)

金剛山は大阪府民、しかも南部地方の方になじみ深い山では無いでしょうか。小学校の遠足や耐寒登山などで登ったという方も多いかも知れません。

とある休日に公演で歩いたら、お天気も良くて気持ちが良かったので、それならば山でも登ってみるか!となり、金剛山に登山本道(千早本道)で登ってみたのですが、二合目までで息が上がってしまいました。

急な坂が続き体力的にキツくなり座り込むほどに。心臓がバクバクし、「これはマズい」と本気で感じました。数年前はランニングにハマっていましたが、ここ数年はサイクリング程度しかしておらず、体力が不安でしたが、ここまで体力が無くなっていたのか。とショックでした。

早速、トレッキングポールを購入し、翌週、再び同じコースに挑戦しました。1週目は1時間35分かかったコースを2週目に1時間15分と20分も短縮できしまた。

これに気をよくした私は、3週連続同じコースに挑戦しました。記録は1時間5分ちょうど。さらに10分の短縮を図れました。ようやく人並みの体力に戻す事ができたと思います。

次の目標は別のコースや別の山に挑戦する、など夢が広がります。登山をしているときに色んな事を考えられる時間にできる点も気に入っています。日頃ゆっくり自分を見つめ直す事すことってなかなかありませんが、歩くことしか無くて頭は開いている状態です。この時間に何をするか?を考えるのもまた楽しみのひとつになっています。

夏までの限定的なブームのような気もしますが、気分が乗っている時にいろいろと楽しみたいと思います!!