ちょうど一年前、Mastodonが流行しました。衝撃デビューを果たしたMastodonですがその後落ち着きを見せ、安定運用しています。

好きな人が好きな場所で好きなことをトゥートしています。(つぶやいています)

私もMastodonの登場に、久々の新しい波の到来だ!と興奮したのを今でもよく覚えておます。

mstdn.jp や pawoo.net といったメジャーなサービスの他、大阪丼など地域のインスタンスにも参加させていただき、マストドンを楽しませていただきました。

ブームが沈静化しましたが、廃れたわけではなくしっかりとインフラとして多くの人に根付いたと言えます。

私がもっとも興奮したのはメールアドレスのように他のインスタンスからでもトゥートを見られるところです。それを考えると自分専用のインスタンスをたてると、一生ものになるのでは。ということ。

当初からMastodonの自由度の高さから、強者は「おひとり様インスタンス」を作成していましたが、私はそこまでの技術がないため羨ましいな、と眺めていました。

ホスティングサービスをしてくれるところも登場していましたが、将来性と継続性を考え様子見をしていました。

その後、1年が、経過し、ある程度、Mastodonが普及したと判断し、家族用にMastodonを導入する事を決定しました。

独自ドメインを利用することで、@hohe@hogehoge.com というアドレスを取得でき、一生変わることがありません。

インスタンスは自分でたてたのではなく、masto.hostというサービスを利用させていただくことに。1ヶ月5ユーロ。家族5人の不変のアドレスを取得できると考えると安いものです。

例え、masto.hostのサービスが終了してもそれまでのログは落とせますし、恐らくサービス終了するときにはDBのダンプファイルはもらえるのでは?と予想してます。いずれにせよ、アドレスは変わりませんしね。

家族専用で作ったインスタンス。クローズドで好きなことをトゥートしています。家族のみフォローしてトゥートを見られる状態にしています。LINEをするほどではないけれど、自分の生存確認をしてもらえるわけです。

あ、LINEでも自分でつぶやけますが、あれはLINEのインフラという点でダメなのです。いつでも、自由にコンテンツを抜け出せる。これが重要です。

また、これまでDayOneを使っていましたが、乗り換えを検討しています。DayOneは位置情報の記録のみに使おうと思います。(それもあまり重要なことではなくなりました。)

今回は家族用にクローズドインスタンスを作った!というお話でした。この辺のお話は整理をしてブログでもご紹介しようと思います。

2017年は任天堂が発売した、ニンテンドークラシックミニシリーズのヒットがしました。ファミリーコンピュータとスーパーファミコンが発売され世のおじさんたちのコレクターアイテムに。

遊ぶか遊ばないかは別にして、所有感を満たしてくれるのです。これまでも各ハードで復刻版として1本500円前後で発売されてきましたが、ミニで本体付きでまとめて発売されると一気に付加価値が付きます。

これまでも海賊版の怪しげなファミコンミニは存在していましたが、任天堂がやったことに大きな意味、大きな意義がありました。安心感の他、所有感を満たされるわけです。

このヒットを見て家庭用ゲーム機業界で任天堂と熾烈な競争を繰り広げてきたセガが黙っているわけがありません。

2018年内に「メガトライブミニ」の発売を発表しました。

気になるのは収録されるソフトはもちろん、コントローラーなどうなるのか?いくつ付属するのか?などなど。収録して欲しいソフトを語り出すと、雑記では無くなってしまうので今回は見送り。

家庭用ゲーム機復刻版のブームは大歓迎です。昔の良き時代を空想しながらああでもない、こうでもない。とお酒の肴にするのもまた最高に楽しいですね。

次はNECさんからPCエンジンの発表が来るかもしれませんね。

スポーツ番組をいつでもどこでも視聴できる動画サービスとして注目を集めている、DAZN(ダ・ゾーン)ですが、元々のお試し1ヶ月+Amazonのキャンペーン1ヶ月の合計2ヶ月間も無料でお試し利用させていただきました。

感想は「とてもいいサービス」というものでした。Jリーグは全試合、プロ野球は読売ジャイアンツを除いた試合を視聴できるというスゴさ。ケーブルテレビの専門チャンネルを一気に駆逐してしまうほどの衝撃です。

ただ、私は元々スポーツをあまり見ない人なのと、見たい時間帯にライブをしていないので、今回は解約、脱会をすることにしました。脱会は簡単なアンケートに答えるだけでOK。日本の各種サービスと違い、あの手この手で引き留めることはしません。

また、脱会後も契約終了日(お試し期間終了日)までしっかりサービスを利用できるのもナイスです。そう言えば、日本のサービスは脱会すればその時点で使えなくしてしまうものが多いですが、不必要な引き留めをするよりも、サービス日終了まで使わせて、その間に考えが変わるのを期待する方がポジティブですし、考えが変わる可能性も高いような気がします。

DAZNを通じて日本企業と海外企業との考え方の違いを、知る事ができました。ダ・ゾーンありがとう!(無理やりなまとめ!)

今年から高校生になる息子に電子辞書を購入したのですが、いろいろと環境が変化していて驚きました。

売れ筋の価格帯は3万円前後。カシオAZ-Z4700eduという一般に流通していない型番が存在します。カシオのXD-Z4800かベースで、英語辞書などオーレックスが収録されているなど、コンテンツが差別化されています。29,000円で3年保証、有償修理の液晶割れは、一般だと10,000円のところ、5,000円にで修理できるなど特典があります。

この学校限定モデルは、教科書の販売の時に斡旋販売があり、教科書を販売する書店経由からしか買えません。さらに4月以降授業が始まってから買おうとしても、品薄で5月末まで入荷しないとか。限定モデルなので仕方ないとしても、流通が限定的だったり、何だかおかしな感じがするのは私だけでしょうか?

元々学校限定モデルを購入するつもりは無かったので、市販モデルを調べたところ、高校生はシャープよりカシオのシェアが圧倒的に高いのだとか。先ほどの斡旋販売の影響もあるのかもしれません。

高校生時代は「周りと同じもの」を持ちたがるのでカシオに決定。次に型番ですが、XD-Z4800が2018年1月発売の新機種になりますが、学校限定モデルの限定コンテンツが未収録なのがうーんな感じです。

SDカードでコンテンツ追加ができるそうですが、別途購入するとべらぼうに高いのが電子辞書の不思議なところ。なのでこの機種はパス。

次に目を付けたのが、XD-Z4900。学生モデル限定コンテンツのオーレックス英和、和英はもちろん、やさらにたくさんの単語数を誇る英語辞書を収録した、高校生モデルの上位機種。

価格は6,000円ほど高くなりますが、ヨドバシカメラでは10%ポイント還元のため実質3,000円ほど高いだけ。これしかないですね。売り場で商品を見て5分で即決しました。

家に帰り息子に手渡すと大喜び。早速開封し初期設定。まず驚いたのはカラー液晶で鮮明なところ。私が使っていた頃は白黒でしたし、手書きパッドはキーボード側にあり画面はタッチパネルではありませんでした。

英語が充実したモデルと聞いてましたが、リスニングはもちろん、スピーキングもあるではありませんか。XD-Z4900だけの機能ではありませんが、今の電子辞書はこんなこどでできるようになっているとは。辞書の機能としては複数の辞書をまたがる串刺し検索は最強ですね。いろんな角度から言葉の意味を知ることができます。

今回購入したのはXD-Z4900でしたが、恐らく普段使う分には、AZ-Z4700eduでも、XD-Z4800でも大きな差はないと思います。表示される結果が微妙に違うと言っても、それにどれだけの意味があるかと言えばほとんどないでしょう。

逆に収録単語数が多い英語辞書が収録されたXD-Z4900の威力を発揮するのは高校生時代にはほぼ無いそうです。大学受験の時に少し役立つ程度だとか。長く使うなら。ということで上位機種を購入しましたが、深く考える必要はないかも知れませんね。

今から電子辞書を購入される方の参考になれば幸いです。

娘がニンテンドー3DSの調子が悪いというので、新たにNewニンテンドー3DSを購入しました。でも実はNewニンテンドー3DSは生産が終了しているんですよね。このタイミングで購入する我が家って一体……。でもまだまだソフトも充実しているし、現役機なんですよね。

Amazonで購入をしましたが、在庫限り品なのでしょうか? ひょっとしたら今後値上がりする可能性もあるかもしれませんね。今のうちに購入しておいて生態だったかも?

それにしてもNintendo DS時代から数えると何台、任天堂の携帯ゲーム機を買ったのでしょうか?軽く5台は超えていますね。そう考えると息の長いゲーム機と言えるでしょう。

今後、携帯ゲーム機はSwitchに移行を予定しているのか分かりませんが、ちょっと大きすぎる気もしますし、スマホとの棲み分けもあります。任天堂としてどの方向性に進もうとしてるのか気になるところです。

惜しまれながらもうごメモが終了してしまいました。こどもが楽しんでいたので、Switch版でぜひ復活して欲しいと思います。

話しがそれてしまいましたが、今更Newニンテンドー3DSを購入したというお話しでした。