#ひとぅ雑記 #108 スーパー銭湯が好き

スーパー銭湯巡りが好きで近所のスーパー銭湯はほぼ行き尽くしました。週末には車で他市、他府県まで足を伸ばすことも。特に、「源泉掛け流し」という言葉に弱く、勝手に期待値を上げてしまいます。

でも、源泉掛け流しの温泉はほぼ間違いはなく、気持ちがいい泉質のところばかり。ぜいたくにお湯を使えるのが豪快さとぜいたくさを兼ね備えています。

その一方で温泉ではないけれど、昔からの銭湯も好きだったりします。昭和の雰囲気を残した作りがノスタルジックでワクワクしちゃいます。

温泉での人とのふれあいもいいですよね。混雑している中で、湯船に入る時に、お湯を跳ねないように注意しながら入ったり、「すみません」と声をかけながら入ったり。そのちょっとした気づかいが心をホッコリさせます。

また、子供連れで騒がしい親子を見ても、注意する親は、「立派だな」と思う一方、放任している親を見ても不思議と腹は立たず、転んだら危ないけど、注意をしないのは何か理由があるのだろうか?と逆に心を考えてしまったりします。

子供が危険なことや人に迷惑をかけるようなことがあれば、私から子供や親に声をかけたりしますが、声のかけ方で喧嘩にはならないと思っています。みんなホッコリとしたいと思って来ているわけですから気持ちよく過ごしたいですもんね。

お風呂から上がった後もまた楽しみがあります。施設ごとにこだわりの食材が売っていたり、デザートがあったり、レストランで料理自慢をしていたり。「おお、このパターンで来たか!」と唸ることもしばしば。

私はその土地の名物やこだわりの料理やお土産があればどうしても手を出さずには居られません。チェーン店もいいですが、地のものを食したり体験できるのもまた、その場所に行ったからこそできることなので、極力選択するようにしています。

そんな見方をすると、平凡な街の銭湯やスーパー銭湯をより一層楽しみながら入れます。せっかく同じお金を払うなら楽しまなきゃ損ですもんね!!みなさんは、スーパー銭湯などでこだわりなどありますか?

いいね! (この記事を気にいってくれた方は、♡をクリックしてね!)
Loading...

Posted by hitoxu