#ひとぅ雑記 #96

YouTuberの方々の間で、Googleによる「広告剥がし」が最近、話題になっています。広告剥がしとはGoogleが意図的に動画に対し広告を掲載させない状態で、その条件は刻々と変わっているようです。

はじめこの話題を見た時に、Googleも広告収益を得るためにわざわざ広告を動画に掲載しない理由はあるのか?と疑問に思いましたが、「動画の質」を重視しているという事なんですね。

少し考えれば当たり前の事で広告主からすれば、質の高い動画、質の高いユーザーに広告を見てもらい、自社製品の購買に繋げたい訳で、購買の可能性の低いユーザーに閲覧してもらっても広告費が嵩むだけになります。少しでも広告費を有効活用したいと考えるのは至極普通の考えです。

Googleとしては有料な広告主の要望に答えるべく対応を進めているひとつが広告剥がしなんですね。表現があまり適切ではないように感じますが、この動きは仕方ない事だと思います。

Googleのプラットフォームを利用している以上、それに従う必要があります。私もYouTubeをはじめTwitter、Facebookなど複数のSNSや動画サイトを利用していますが、その場での収益化は考えていません。あくまでインフラと捉えています。

今は利用者の多いインフラを利用しユーザーのみなさんへお知らせをしているだけ、コンテンツの置き場所にしているだけ。です。

私のメインのコンテンツは自分の手元に置きたい。そう考えています。動画と写真はYouTubeとFlickrへ置いていますが、いざとなれば引き上げることも可能ですが、ブログ記事は財産です。世界でひとつしかないURLを変えることは絶対に避けなければなりません。

ブログの記事、写真、動画などは自分の手元にある状態にすることと、もうひとつ大切にしているものがあります。それは、「人との繋がり」です。

新しいサービスが始まると必ずアカウント登録をするようにしています。そうすることで、必ず顔見知りのお友だちがそこにいて、フォローすると、そのフォロワーさんもまた、顔見知りだったりして、フォローをすると、あっという間にいつものネットワークを形成できちゃったりします。

また、私のブログを購読いただいている方が、私を見つけるとフォローしてくださることも多く、SNSのプラットフォームがなんであるかは関係なく、意外とすぐに繋がりを復元できる事を実感しています。

少し偉そうに言うならば、「ひとぅ」というネームバリューは既に確立されており、ヒツジさんのアイコンを見かけると気軽に「ここにもいた!」とお声がけいただける事が結構あります。

要はネットの社会は現実の社会とまったく同じで、平たく言えば、「どれだけ顔が広いか」、「どれだけ顔が売れているか」なんですね。

マネタイズを長期的な目で考えるならば、GoogleやTwitter、Facebookの仕様変更に一喜一憂するのではなく、自分の商品価値を高めることが最も大切なんだと思います。

まぁ、でも実際はGoogleやTwitterの仕様変更に振り回されているし、いろんな不満も口にしたりしている自分がいるんですけどね!(笑)

 

 

 

いいね! (この記事を気にいってくれた方は、♡をクリックしてね!)
Loading...

Posted by hitoxu