#ひとぅ雑記 #80

新しいサイトを作成すると記事を連投するあるあるなので、早くも#80を投稿しています。恐らく更新しなくなると、また数カ月ぱったり止まる事になると思うので、暖かく見守ってやって下さいね。(笑)

iPhone Xが発売になり、今回もまた転売ヤーが出没して居るようです。何年ぶりでしょうか。iPhone Xは発売日にApple Storeで店頭販売があったため、店の前には行列ができました。

そして前列の多くを占めていたのが悲しい事に、純粋にiPhone Xを購入したいという人ではなく転売目的の人たちだったのです。(もちろん全員ではありません。)

iPhone Xの品薄は既に報道の通り。品薄の商品があれば必ず現れるのが転売ヤー。違法性を問えるか微妙と言えるでしょう。(古物商がうんぬんとかは置いておいて。)

東京都のようにダフ屋行為などを禁止しない限り転売自体を禁止することは難しいでしょう。現状、転売ヤーを規制するのは事実上できないというのが答え。

でも世間的に厳しい目が向けられているのは事実。Amazonやヤフオク、メルカリなど個人へ直接販売する機会が増えた今、転売ヤー全盛期と言えるでしょう。

転売ヤーを撲滅させるには、販売する企業、店、そしてプラットフォームのAmazon、ヤフオク、メルカリの協力が不可欠です。これらが転売を禁止されすれば抑制がかなりきくことになるでしょう。

難しいのは販売する側には購入時にその判断をするのは難しく、もし発見できても次回購入時に販売しない措置をとるのは事実上難しいでしょう。プラットフォーム側も同様で高い金額で販売すれば収入も増えるわけで消極的になる理由はそこにあるのかも。

定価以上で販売する転売ヤー。違法性がないと言ってもやはり普通に欲しいと思っている人に行き渡らない状況は健全ではありません。我々消費者は厳しい目を向けつつ世論が転売は認めないという流れを作っていくしかないかもしれません。

いいね! (この記事を気にいってくれた方は、♡をクリックしてね!)
Loading...

Posted by hitoxu