#ひとぅ雑記 #276 かれこれMVNOに完全移行して3年になるけど戻る予定はまったくない

新しいiPhoneが発表になり、3キャリアからiPhoneの価格が発表されました。実質負担額が最低でも6万円超となるiPhone XS。正気の沙汰とは思えない価格帯となっています。

https://news.yahoo.co.jp/byline/shinoharashuji/20180914-00096893/

私個人は3キャリアの囲い込みの料金設計に嫌気を刺して早い段階でMVNOを利用していましたが、家族全員のキャリアをMVNO回線に移行したのは2,015年10月。

2年縛り、月額サポートで機器を安く見せる、新規加入&家族みんな加入で大幅な割引などなど。余計な事を考えるのが嫌になったのです。

自分で端末を準備して純粋に使った分だけ回線利用料を支払いたい。ただ、それだけなのです。iPhoneであろうが、Androidスマホであろうが、タブレットであろうが、SIMに刺す機器までキャリアに差配されたくありません。

MVNOに完全に移行し、家族5人でMVNO回線を利用していますが、1回線は通話機能付きでありながら、月額5,000円程度です。キャリアよりサービスレベルが大きく落ちますが、リッチなサービスが不要で自分で何とかできる人は、MVNO一択になるでしょう。

実際にどのくらい差があるのか?機会があれば計算をしてみて、ひとぅブログで記事を書きたいと思いますが、恐らく月額1万円ほどは安いはず。個人的には、それよりも、縛りなし、自由!というのがMVNOを選んだ最大の理由だったりするので、お金に換算できない部分ではあります。

MVNOは安いのはいいけれど品質が低いと聞くし、面倒なのでそのままでいいや。という方もいると思います。それも一理あるでしょう。しかし、SoftBank回線のWiFiルーターを利用していますが、ピーク時間帯の大阪市内の通信など、場合によっては、MVNO回線の方が速い場合もあるので、どう考えるか?難しいところですね!!

個人的にはMVNOに移行して5年が経過しますが、大満足で何ら不満、不便を感じておりません。速く切り替えて良かったな~と思います♪

いいね! 1いいね! (この記事を気にいってくれた方は、♡をクリックしてね!)
Loading...

Posted by hitoxu