最近、SNSで親指シフトが懐かしい!や若者は知らない!と言って話題になっているようです。たまに盛り上がりを見せますよね。

私が、親指シフトに移行して早3年半にもなります。自宅でも職場でも親指シフトでサクサク入力をしていて、最近の入力速度は1分間に120文字程度となっています。

でもやっぱりイレギュラーな入力方法であることにコンプレックスがあるのも事実。iPadやChromebookなどで入力をする時は、どうしてもローマ字入力になります。

そこで、ローマ字入力にいったん戻してみることにしました。

・・・結果は、散々でした。(汗)まぁ、入力できることはできるんですが、気づけば親指シフト入力をしていまい変な文字が入力されてしまったり、あれ?と一瞬手が止まることがあり、入力ミスが目立つようになってしまいました。

そう、ローマ字入力をまともに入力できない体になってしまっていました。この事実は軽くショックでした。こうなったら親指シフトをもっともっと極めるぞ!(笑)

せっかくなので、親指シフトの感想を書いておこうと思います。親指シフターは「指がしゃべる」とそれをよく表現しますが、最近、それを実感する事ができます。イメージした日本語をそのまま濁点を含めそのまま入力できるのは大きなメリットです。

また、入力による指の負担をローマ字入力の時よりも減ったように思います。長文を入力するシーンが多いですが、手首が痛くなることはほとんどなくなりました。やっぱり親指シフトは最高ですね!!オススメです。

もう15年ほど前の話になりますが、当時はまだブログを書いている人はほとんどいなくて私も趣味でサイト運営をしていましたが、まだブログは未経験でした。

当時から何かを発信したい!という思いは常にあったようで、ブログではなく、メールマガジンという媒体が主流で多くの人がメルマガを定期的に発行していました。

私の場合は週刊で複数名でコーナーを分担して共同発行をしていました。もちろん無料で、広告も掲載せず、何かのセミナーに勧誘することもなく、ただただ趣味の情報を発信し続けるというまじめな、儲ける気無しのメルマガでした。

約3年以上続き読者数は3,000名を超えていました。ただただ楽しかった記憶しかありません。メルマガなのに一丁前に編集後記なんてのもあり、数千時レベルのメルマガをよくもまぁ、毎週発行していたな、と自分なりに関心してしまいます。

今からそんなパワーはありませんが、実は、最近は「有料メルマガ」なるものにちょっとだけ興味があります。

週刊で発行し毎週話題になったニュースを解説するメルマガというのも楽しいかな?とか有料会員限定のメルマガだからこそ書ける話題というのもあるかな?とかいろいろと思案中。

まだ、ぼんやりし構想段階ではありますが、需要があるか?どんな構成にすれば無理なく続けられるか? 最も重要な点、読者の方がお金を出してでも読む価値を感じてくれるか?といろいろと考えることが意外とおおいですね。

いろいろと考えるだけで疲れてしまい実現しないなんてことも多いので、一度初めて見る。というのもいいかもしれませんね。

あなたの会社ではまだバレンタインデーにチョコを配る習慣はありますか?別にそれが良い、悪いをここで話題にしたいワケではなく。私の会社ではもう随分前にそんな習慣は無くなりました。

その代わりと言ってはなんですが、おばあちゃん(実母)と、嫁と、愛娘がいるので家に帰れば、一気に3人からチョコがもらえるんだから私は幸せ者です。(笑)

そんなわけで今日はほぼ定時に会社を出て、何食わぬ顔で帰宅。若干そわそわしながら、その時を待ちました。

夕食後にそんな雰囲気になり、3人から無事今年もチョコをいただくことができました。みんなありがとう!!

しかし最近は、友チョコなるものがあって女の子同士でも交換をすることが多いのだとか。家の中でもおばあちゃんが、嫁や娘にもチョコを渡していました。娘はクッキーも作っていましたが、女友達に配りまくったそうです。

いやいや、バレンタインデーの意味合いとかが大きく崩れちゃっているし!! 別に構わないんですが何でもかんでもアリになってしまうと、収拾が付かなくなってしまうかな、と。

楽しければいい。とは思いますが、バレンタインデーは女子から男子へ勇気を持って告白をするチャンス、キッカケの神聖なイベントであって欲しい気もあります。こんなことをいうようになったら歳を取ったことなのかな?

みなさんのバレンタインデーはいかがでしたか?

朝、子供たちが家の中をバタバタする音で目が覚めました。三連休最終日の朝、布団の中でゴロゴロするのを楽しんでいたのに何事かと思ったら、昨夜中に降った雪が積もっているというのです。

大阪の平野部では2、3年に一度くらい、しかも1〜2センチほどしか積もりません。今年は北陸地方を中心に全国的に大雪の被害が出ているため、素直に喜べない自分がいますが、大阪では珍しい雪が降ると少しテンションが上がってしまいました。

朝から子供たちと雪だるまを作って、雪合戦をしました。しかし休日で良かったと思います。通勤通学で滑って転倒事故の危険性もあるし、何よりこうして子供たちと雪で遊ぶなんてことも、珍しいですから。

朝から日が差していたため屋根の上の雪はほぼ溶けて、日陰に少し残る程度になりましたが、雪も少しだけだと楽しめるのですが、豪雪地域のドカ雪は厄介者ですね。

雪は、スキーなどレジャーで楽しんだり、スポーツで利用したり。生活に大きな影響が出たりといろんな顔を持っています。人間は自然の中ではちっぽけな存在なんだな、とふと感傷的になってしまいました。

人間も動物ですから自然としっかりと向き合って、うまくつきあっていきたいですね。

サザエさんの生活スタイルが現代と大きく違うということは、ずいぶん前から言われていますが、特に感じるのが、駅前のデパートへ家族で買い物に行くというシーン。

私が子どもの頃は、母と駅前の百貨店に連れて行ってもらうのが楽しい思い出として確かにある。レジャーと言えば後は遊園地くらいでした。

それも昭和50年代までだったかもしれません。昭和60年以降は総合スーパーの買い物がレジャーになりました。核家族化が進み、郊外の生活スタイルが大きく変化した時代です。

その後、専門店が台頭し総合スーパーの魅力が低下します。現代は専門店を集めたモールが増えました。アウトレットモールも増えましたよね。

現代はモールへの買い物がレジャーになりました。今、まさにモールに来ていますが多くの人でごった返しています。多くの家族連れで賑やかです。

サザエさんの話に戻しますが、Amazonが番組スポンサーになったことで、磯野家、フグ田家にどのような変化があるのか?とても興味深いですね。私の予想はなーんにも変わらない。ですが。

モールのソファーで家族の買い物を待っている時間でそんなことをぼんやり考える日曜の昼下がり。