#ひとぅ雑記 #310 音声入力のコツがわかってきた

最近のこのブログの記事は、音声入力で執筆をしています。AndroidアプリのSimejiを使っています。音声入力はキーボード入力よりも圧倒的に早い入力が可能です。私は親指シフトですが、それよりも早いので、圧倒的に楽ちんです。

音声入力の場合は、入力速度が速いのですが、その一方で慣れが必要ということが言えるでしょう。これまで、頭で考えて指を動かしてキーボードを入力するということに慣れてきた、私たちは、物事を考えてコンピューターに向かって話をするということにまだ慣れていません。ちゃんと聞き取ってくれるだろうか、ちゃんと変換をしてくれるだろうかと考えながら話をするのがなかなか難しいのです。

特に私たちの世代はコンピューターやロボットの創成期から見ているので、どうしてもゆっくり喋ってしまったり、変な言葉遣いになりがち。いくつか記事を書いていくうちに、音声入力のコツがようやく分かってきた気がします。

それは短すぎず、長すぎず、普通に喋る、です。適度な文節や文章で一旦完了ボタンを押すことで句読点を入れたり、改行を入れることができます。意外や意外、音声入力の結果については90%程度の精度があると思います。専門用語や英語、数字がなければほぼ修正は必要ありません。

それなので、雑記記事は音声入力に向いていると思うのです。難しく考えず、思ったことをペラペラ喋って記事にできる、これが音声入力の最大の魅力です。これからも、音声入力で気軽に記事を更新していきたいと思うので、是非応援のほどよろしくお願いします!

いいね! (この記事を気にいってくれた方は、♡をクリックしてね!)
Loading...

Posted by hitoxu