#ひとぅ雑記 #304 音声入力で記事を書いてみました

この雑学の記事は音声入力で執筆をしています。そのきっかけは勝間和代さんがgoogle 音声入力をしているということをブログ記事で見たので興味を持ったのでした。

でも確かgoogle 音声入力は句読点が入力できないという致命的な欠陥があるということを以前にどこかで見たことがあったのでしばらく経営をしていました。

少し調べてみましたが現在でも句読点は入力ができないということなのでやっぱり駄目なのかなと諦めかけたのですが、スピーチノートというアプリを発見。

このアプリなら手動句読点を入力できるのが主な特徴です。親指シフトなら指がしゃべると言う表現がありますがこのアプリならgoogle 音声入力ではないですが、まさにしゃべって入力するそのものなのです。

ここまでの入力でほぼ入力間違いがなく変換できたのは素晴らしい認識率だと思います。これだけの文字数を入力するにはさすがに親指シフトでも10分程度はかかるのではないでしょうか。

それが音声入力ならば3分程度で入力ができました。まだコツをつかんでいないので何回か話をし直しましたが慣れると認識しやすい言葉がわかるような気がします。これならばもっと気楽に雑学ブログの記事を更新できるかもしれませんね。

でも実はキーボード入力をすること自体が私は楽しかったりするのですが。笑

今日はこの辺で一旦終わろうと思います。それではまた。

いいね! 2いいね! (この記事を気にいってくれた方は、♡をクリックしてね!)
Loading...

Posted by hitoxu