なぜIP電話で110番などの緊急電話をかけられないのだろう?

f:id:hitoxu:20190430181914j:plain

過去に、携帯電話の番号を替えたくないのでキャリアの乗り換えを躊躇していた時代がありました。2001年に解禁され他社に乗り換えても電話番号を変更する必要がなくなりました。

それでも電話番号の変更には一定の手間と費用がかかります。MNP手数料を始めMVNO業者でも一定期間の利用が必要な縛りも存在します。

そんなややこしい縛りやしがらみがない電話サービスがあります。そう、IP電話です。LaLa Callや050Plusなど、キャリアに制限されることなくインターネット回線を使って電話ができます。

LINE電話の電話番号が付いたサービスと説明すればイメージしやすいでしょうか。過去はIP電話は音質が低く途切れる問題がありましたが、最近はネットワーク品質も向上し、昔に比べると音質が向上し、途切れることも少なくなりました。

インターネット回線を利用するIP電話は、電話回線契約は必要なくデータ通信契約で利用できるため1回線当たり月額700円ほどのコストダウンが可能です。

こんなに魅力的なIP電話ですがなぜ普及しないのか?それは品質問題以上の課題を抱えているからです。それは、「緊急電話を掛けられない」という問題です。

 

なぜ、緊急電話をかけられないのか??

それは緊急電話を受けるシステム側の問題だと予想されます。携帯電話や固定電話からかかってくることを想定したレガシーな仕様なためIP電話に対応できないのです。しかし、いつまで対応できないのでしょうか?対応予定時期もまったく提示されない理由が分かりません。

オフィスで利用される固定電話のIP電話(ややこしいですが。。。)は緊急電話に電話をかけられるようなのに、なぜかモバイルではかけられない。緊急電話にかけられると困る人が多く出るから積極的に動かない理由があるのでは?と勘ぐってしまいたくなります。

国は「携帯電話料金は4割ほど値下げする余地があると思う」といった経営にかかわる発言をするのではなく、IP電話で緊急電話をかけられるようにする。といった根本的な整備を進めるべきではないでしょうか?

いいね! (この記事を気にいってくれた方は、♡をクリックしてね!)
読み込み中...

Posted by hitoxu