コンビニの24時間営業について思うこと

f:id:hitoxu:20190409230405j:plain
コンビニの24時間営業について議論が高まっています。深刻な人材不足、人件費高騰により24時間営業の継続が困難な店舗が出ていると言います。

逆に今までこれまで多くの店舗で24時間営業を続けてこれたことに驚きを隠せません。コンビニシステムを作り上げ、シフトを組み利益を上げてこられたからこそ24時間営業を続けられたのでしょう。

それが崩れて人が集まらないなら給与を上げれば良いでしょうし、ペイできないならそれに応じた営業時間にすればいい。と私は思います。

チェーン店だから一律のルールで運営するのは元々無理があるのです。直営店なら全体でペイできればいいのですが、個人経営の現在のコンビニでは厳しい現実があるのでしょう。

私は可能な限り買い物は家の近くのお店でするようにしています。近くのお店は便利です。少し高くてもお店を続けてくれることに感謝の気持ちさえ持ちます。資本主義の原則がそこにあり、自然な姿です。

消費者の私たちにとって24時間営業が便利なのは当たり前ですが、それを続けるかどうか?は各社が決めることです。サービスが低下したと消費者が離れることがあればまた企業努力をする。ただそれだけだと思います。

いいね! (この記事を気にいってくれた方は、♡をクリックしてね!)
読み込み中...

Posted by hitoxu