f:id:hitoxu:20190108014652p:plain

ツイッターでつぶやきましたが、ここ最近は平成最後の〇〇というニュースや話題が目に付きます。いや、そうなんですけれども、いい加減ちょっと飽きてきたかなというのが本音です。4月末で平成が終わるのだから、当然ちゃあ当然だし、それを言い出したら1年に1回の行事は全てが平成最後になりますよね。

平成最後の三学期平成最後の成人式、平成最後の1月8日、平成最後の1月9日、平成最後のバレンタイン、平成最後のホワイトデー、平成最後の卒業式とかとか。

昨年末だって、平成最後のクリスマスとかもう訳が分からなくなっていました。

まだ四月末まで四ヶ月もあるのにこの調子で平成最後〇〇が続くのかと思うとちょっと辛くなってきました。ここはもういっその事、平成最後の〇〇ネタなんだ!と思うと聞くのも楽しくなるかも?

私と同じように疲れてきちゃった人は楽しんでしまう方がいいかもしれませんね!(✽ ´ ▽ ` )ノ

f:id:hitoxu:20190107215349p:plain

はてなダイアリーが2019年1月28日にサービスを終了します。サービス終了後、記事の投稿や編集ができなくなります。サービス終了後は、はてなブログへの移行が推奨されています。

はてなブログも、はてなダイアリーも無料で利用することが可能なので、ハードルは低いといえます。またはてなダイアリーで取得したはてなブックマークをそのまま移行できるのも、純正サービスだからこそできることだと思います。はてなダイアリーからはてなブログへのリダイレクトもやってくれると言うので至れり尽せり。

私もはてなダイアリーを一つ運営していたのではてなブログへ行こうをしてみました。手順はものすごく簡単で、3ステップで生地の意向からはてなブッ込まんこの行こう、さらには転送までできちゃいました。移行したダイアリーは約10年ほど更新のないブログでしたが、これで一安心です。

ちなみに、サービス終了後も移行しなければどうなるのでしょうか?

実は、3月1日から順次はてなブログへ自動移行されます。旧はてなダイアリーから、新しいブログへリダイレクトまで、自動でやってくれるので一応、コンテンツが削除されるということは回避できそうてず。

はてなダイアリーのサービス終了後は、はてなブログへ資源を集中することが可能だと、はてな社は説明をしていますが、是非そうしていただくことを期待します。(⊃︎´▿︎` )⊃︎

ヤフーのgeocitiesもサービスの終了を発表していますが、ホームページの老舗のgeocitiesと、ブログサービスの老舗のはてなダイアリーが終了するのかぁ~といろいろと考えてしまいますねぇ。

はてなブログは、今後も末永くサービス提供を継続してくれることを、ただただ、願うばかりです。

f:id:hitoxu:20190106171221j:plain
皆さんは最近CDを買いましたか?私は音楽CDはかれこれ3年以上は一枚も買っていません。CDのレンタルやDVDのレンタルも5年以上は借りていません。そういえば、近所のTSUTAYAが潰れましたが納得です。

CDを買っていないからといって、音楽を聴いていないかというとそんなことはなくて、逆にここ数年間は人生で一番音楽を聴いてると言っても過言ではないでしょう。

そうです、お察しの通り、Amazon Prime Musicや、Google Play Music、最近ではYouTube Musicで音楽を聴いています。お気に入りの曲をプレイミュージックに登録して聴いたり、季節やシーンに合わせた音楽コレクションを流し聞きするのがお気に入りです。ドライブや作業中、家にいる時でテレビを見ていない時はほとんど音楽をかけています。

CD購入の話に戻りますがCDを買わないにせよ、好きなアーティストや気に入った曲で聴き放題で配信されていないものは、Google Play MusicでMP3ファイルを200円程度で、曲単体を購入しています。月に数曲は買っているかな?

そうですメディアは買わないけれども音楽は今でもしっかり購入しています

レコード会社やミュージシャンの方針やポリシーより音楽を聴き放題で配信されていない曲は残念ですが、曲単体でデジタルで購入できる場合は、積極的に購入しています。レコード店でCDは買わなくなったけれども、私と同じように、デジタルミュージックを購入するという人は、意外と多いのではないでしょうか。

また、音楽聴き放題の登場によりCDのレンタルも全くしなくなりました。もともとCDを借りて音楽をダビングするという手間が面倒でCDを購入することが多かったこともありますが、わざわざ聴きたい曲をレンタルしてダビングする手間と時間を考えると、先程の曲単体で購入する方がよっぽどメリットがあると私は考えます。

ミュージシャンやレコード会社は今後どうすれば良いのでしょうか。既に実施しているところも多いですが、答えは簡単です。YouTubeでプロモーションビデオなどを配信し、曲は聴き放題で配信をします。そしてライブなどでグッズ販売や入場料で回収をするのです。

音楽聴き放題で配信するYouTubeで配信することは、これまで獲得できなかったファンを獲得できるチャンスなのです。また、全曲を配信する必要もありません。コアのファンになってくれた人は他のアルバムをデジタルミュージックとして購入してくれる可能性やCDやDVDビデオなどを、コレクターアイテムとして買ってくれる可能性が大いにあるのです。

それにしても、iTunesの登場で音楽がデジタル配信で購入出来る事の衝撃と同時に音楽の聴き放題サービスの同様に衝撃的でした。デジタルでコピーできてしまうコンテンツ産業ははどうしても価値をそれ単体で見いだすのは難しくなるでしょう。アーティスト本人の魅力を売りにするなど付加価値をつけることが求められます。

日本はまだまだ閉鎖的なところがありますが、世界的なこと流れは決して止めることはできないでしょう。ミュージシャンができるとすれば一刻も早くこの流れを認識し、実行に移すことではないでしょうか。

f:id:hitoxu:20190106091039p:plain

本家ブログで、フリッカーのプロ会員15%オフのクーポンがメールで配信されていることをご紹介しましたが私はプロ会員を継続する予定はありません。

2018年11月にフリッカーの史上最大の改悪によって私の信頼は大きく損ないました。12月にflickrのコンテンツを全てローカルハードディスクに退避したことを受けて、今後flickrの利用を停止したのです。

以前も書きましたが、プロ会員は2年で44ドル、そこそこでした。それが突然、その特典が無くなり、約2倍の価格設定になったのだから、不信感が募らないわけがありません。せめて発表の際に既存のプロ会員への優遇策を発表しておれば、心証はまだ変わっていたでしょう。

いずれにせよ、クーポンの発行する時期が遅すぎるし、期間も1月9日までという驚くほど短い期間というのもありますし、このクーポンを利用する予定はありません。

Flickrにせよグーグルにせよヤフーにせよ企業のウェブサービスを使うということは、終了を前提に考えなければなりません。これは1月から利用を始めた、はてなブログPro会員についても同様です。

はてなブログに関しては、WordPressに、そのまま戻れるようだ、URL構成を取っているので問題がないと思います。このようにコンテンツは、最後に手元に戻るように考えるのは大切だと思います。しかし、flickrは色々と残念だなぁ。(。>﹏<。)

f:id:hitoxu:20190106073435j:plain
最近は少し減ったような気がしますが、Twitterをやっていると、FF外から失礼しますと前置きを書いた上でリプライを頂く場合があります。

 
このFF、外から失礼しますという意味は、フォローやフォロワーではないけれども、コメント失礼しますという意味で事前に了承を得ているということなのですが、本来Twitterとはそういうものなのだから、わざわざ断りを入れる必要など全くないと思うのですが、若者から言わせれば礼儀というところなのでしょうか。
 
Twitterを始めた頃はこのような習慣はなく、自由で気楽だったことを思えば、わざわざ面倒な習慣を作る必要もないのになと思うのですがねえ。
 
ちなみに私のTwitterアカウントに対してはフォローやフォロー外しはご自由にやっていただいて構いませんし、リプライに関してもフォローしていなくても全く問題ありません。というか私がとやかく言えることではないという風に思っております。
 
まぁ、気楽に行きましょうやって話です。(。・∀・。)