#ひとぅ雑記 #321 消費税抜き価格は禁止して欲しい

消費税の一番嫌なところは、税抜き価格と税込み価格が混在しているところです。消費税抜きで価格表示した方が、値ごろ感が出るのは当然ですが、あとでこんなに高かったのかと心象悪くする方が実はマイナス面も大きいと思います。何より一体これなんだとはっきり分からないところが一番のストレスに私は感じます。

来年10月に消費税が8%から10%に変更されますが、定率減税があるとさらにややこしくなります。しっかりと8%の場合はいくら10%の場合はいくらと価格を提示しなければならないと思います。こういったところは、企業の姿勢がよく表れていると私は考えています。少しでも安いと見せたい、または騙そうとまでは思っているとは言いませんが、そのような気持ちが働いているというのは少なからずあると思うのです。一方、価格をポッキリ価格で書くのは、顧客視線で自分の商品に自信があるのだろうと、そう思うのです。

10%になるとキリがいいため、税抜きでも良いのではないかと言う意見もあるかもしれませんが、私は前述の通り、そのようにお店や会社を見てしまいます。電子マネーが普及することにより1円単位の金額の支払いも抵抗感が少なくなってきたように思います。今後は真面目に、合理的な価格をつけてくれれば、それでいいと思います。お願いなので、税込み価格で表示するようにお願いします!

いいね! (この記事を気にいってくれた方は、♡をクリックしてね!)
読み込み中...

Posted by hitoxu