#ひとぅ雑記 #257 TodoistからDynalistに移行したけどOneNoteに移行しました

6月にTodoist有料会員が切れるタイミングを機に、DynalistとマイクロソフトのToDoに移行したのですが、OneNoteに移行しました。

正確にはOneNote+ToDoです。

OneNoteは、こまれでも何度か使ったことがありましたが、Evernoteの待避先としてどうか?といった視点だったので、「何となく使いにくいなぁ」という漠然とした感想で本格利用には至っていませんでした。

Office 365を使っている事もあり、OneNote 2016 + Outlook 2016(タスク)の組み合わせで、より有効利用できるのでは?と思ったのです。

OneNoteは使いやすい!分かりやすい!とは言いがたいですが、色んな事ができるために分かりにくくなっていると言えます。

自由度も高いため、どう使うかはユーザーに委ねられており、使い方によって効果も変わるでしょうから、使い方やノウハウがブログなどで公開されたものは少ないのです。このため、OneNoteがメジャーなツールになり得ていないという理由なのかも。

OneNoteは、写真やPDFを取り込み、手書きでメモを残せるし、それぞれの項目をToDoに設定できたりします。複数のページに散らばった項目をToDoとして一括管理できる点が最も気に入った点です。

具体的な利用例は、例えば打合せで利用したホワイトボードを写真で撮影しておき、課題ややることができた場合、これまではToDoアプリにその項目を入力して管理していました。

そうするとToDo項目だけを見ても、何のことだったっけな?と思い出せなかったり過去の経緯が分からないといい課題がありました。

OneNoteでは、ホワイトボードに書かれた項目にOneNote上でコメントを付与したり○をしたりして、それにToDo登録できちゃいます。ToDoは別でまとめて一覧表示できるので今までと管理体形は変わりません。

一方で、タスクの詳細を表示させるとホワイトボードが表示され内容を理解しやすいですし、テーマごとにノートをまとめておけば、過去の経緯は分かります。

複数のプロジェクトを並行して進める場合などは、OneNoteのこの管理体系は目からうろこでした。ToDoアプリやサービスで今までどうしても解決できなかった課題や問題点が、OneNoteでは解決されそうです。

もう少し運用をしてみて、熟れてきたら、ひとぅブログで紹介記事を書きたいと考えています。こうご期待ください!

いいね! (この記事を気にいってくれた方は、♡をクリックしてね!)
Loading...

Posted by hitoxu