WordPressのバージョンが4.9.8になった。もうすぐバージョン5.0となります。大きな話題になっているのが、新エディタ「Gutenberg(グーテンベルグ)」。

これまでのビジュアルエディタとHTMLエディタを切り替えて記事を編集するタイプから、noteやMediumのようなエディタに変わります。現状はプラグインやテーマが未対応なので、本番環境で使うのは危険ですが、いずれこちらに切り替わるのでしょう。

ちなみにこの記事はGutenbergを使って書いています。ブラウザで編集できる便利さと、目新しさで楽しく書いていますが、昔のエディタで開いたらどうなるんだろう?などいろいろと気になるところがあるので、試してみようと思います。

切り替え直後は抵抗勢力が多いと思いますが、このエディタは個人的に期待しています。文章をブラウザで書くということが一時期はタブー視されましたが、時代はブラウザでいつでもどこでも書く。になっています。

Gutenbergは機能的にまだまだ不足していますが、今後の機能追加に期待したいと思います。

noteなどで定期的に話題になる、「たった、○ヶ月で○PV、○○万円を実現する方法」といった内容の情報商材。みなさんは買ったことがありますか?私はあります。しかも定期的に購入しちゃいます。(汗)

買った後に、いつも思うことは同じ。「楽して儲ける方法はない。」というもの。情報商材を販売している人は、商材を作る努力をして儲けているわけだし、成功体験も事実でしょうし、それを実現するために努力をされています。

もし、本当に簡単に儲ける方法があれば、誰にも言わずに黙って実践しますよね、普通。成功体験やコツを書いているノウハウ集はほとんど役立ちません。結局は、何ごとも本人次第なのです。頑張れば結果はついてくるし、それができないから結果は出ていないのです。

ブログの開設方法やアフィリエイト商材の狙い目などは、役に立つかも知れませんがそれは必勝法ではありません。初心者向けではあっても儲けるノウハウではないのです。

分かってはいるけどもついつい買ってしまう情報商材。得るものはほとんどありません。もし、得るものがあるとすれば、セールスレターの書き方かもしれません。核心を書かずにフワッと説明をして、買い手に「ひょっとしたら今までにない画期的なノウハウをこの人は知っているのかも。」と思わせるセールストークは素晴らしいです。(私が引っかかりやすいだけ?)

自分への戒めの意味も込めてこの記事を書きました。「情報商材に得るものは無し。」気になったときは、ブラウザを閉じて他のことを考えるようにしましょう。欲しい気持ち、気になる気持ちも、ブラウザを閉じて冷静になれば、「そんなうまい話があるわけない。」という気持ちを呼び戻せるでしょう。

成功している人たちはみんな努力をしています。もし、成功するノウハウがあるとするならば、「愚直に自分を信じて続ける。」これだけだと思います。