#ひとぅ雑記 #214 デジカメやビデオカメラを持つ親が減った

ここ数年の小学校の運動会や音楽発表会などに参加すると感じている事があります。それは「デジカメやビデオカメラで撮影する親が減った」ということ。

これまでは、我が子の記録を撮影しようと必死にビデオカメラを向ける親御さんが多かったものですが、最近はその傾向が少し和らいでいるような気がします。

もちろん、ゼロになったわけではなく、一定数の親御さんは三脚、脚立持参で一眼レフカメラでその瞬間を撮影しています。しかし、スマホで撮影しています。

それはなぜか?

スマホに搭載されているカメラ性能の向上はもちろん、普段から子どもの成長を撮影しているからなのだと思います。今のこどもたちは誕生の瞬間から、日々、スマホで撮影して記録されています。

運動会や音楽発表会など大切なイベントですが、高品質な記録にこだわる必要性は高くない。記録では無くしっかり目で見てあげて、記録に残してあげたい。そう考える親御さんが増えたのだと思います。これはとてもいい傾向だと思います。

我が家でも嫁がまさにその考えで、自分はほとんど撮影をせずに記憶に残すと言って撮影は私任せになっています。え?私ですか?? 記憶より記録重視です!!デジカメとスマホ2台持ちで、運動会や音楽発表会などのイベントに臨んでいますよ!!(言ってることがまったく違うやん!(笑))

いいね! (この記事を気にいってくれた方は、♡をクリックしてね!)
Loading...

Posted by hitoxu