2009年にMacユーザーになった私は、EGWORDなるソフトが存在した事をまったく知りませんでした。それまでは、Windowsユーザーだったため、一太郎やWordを使って今したが、そう言えば、Macで日本語ワープロソフトがあったかどうかという事を考える事もありませんでした。

Mac版 App Storeで再々、縦書きができるエディタがランクインしていましたが、どれも完成度が低く、酷評されていましたが、EGWORDと比較して低評価だったのかもしれません。(詳しくレビューを見たこともありませんでした。)

今日、たまたま、App Storeを見てみると、有料アプリの1位に「egword Universal 2」なるソフトが表示されていてしかも高評価です。レビューを見ると「待っていました!」や「軽くて使いやすい!」といった好意的な意見が圧倒的に多いではありませんか。

3月14日に発売されたところで、通常価格7,800円のところ、4月30日まで特別価格で3,800円と超お買い得。しかも開発元はiPhoneアプリでお世話になった物書堂さんではありませんか!

気がついたらポチっていました。

セール中と言うこともありますし、復活のご祝儀というか、今後も長く開発・サポートをして欲しいという気持ちで購入しました。特にワードプロセッサが欲しいとか縦書きで原稿を書きたいという事はないんですけれど、ね。気になる方は、Mac版 App Storeを確認してみてくださいね。

今年の春から高校生になる息子。これまで辞書は紙の辞書の方が頭に入るということで、国語辞書と英語辞書は書籍を使っていましたが、さすがに高校にもなると、単語数も増えるため、ボリュームも多く持ち運びが大変になります。

そこで電子辞書ということになるのですが、どれを買ったらいいかの情報を全く持っておらず今から探すところ。これまで2、3台買ったことがありますが、もう5年以上前のことでほぼ意味のない知識と経験かと思っています。

さらに一般用と高校生用とでは特徴や求められる機能やコンテンツも違うでしょうし。やっぱり実機を見に行った方がいいのかな?とか考え中です。おすすめの機種があればぜひ教えてください!