#ひとぅ雑記 #161 eoから容量確認メールが来た

自宅のインターネット回線は、eo光を契約中なのですが、eoから通信量の確認メールが来ました。注意喚起的なメールで通信量を確認すると、15日間で7.5TBも使っている計算に。

14日と15日の2日間のデータを確認したら14日が7.0TB、15日が7.5TBでした。一日0.5TBも使っている計算に。

ルーターはTP-LINKのDeco M5を愛用中なので、配下の機器の状態をリアルタイムで確認できます。確認した時点では特に怪しいものはありませんでした。

これだけもの容量を通信するには1秒当たり5MBも通信する必要があり尋常ではありません。1分当たり300MB、1時間当たり20GBにもなります!これだけ通信するならば瞬時を確認しても数値は上がっているはずですが特に怪しいところはありません。

次に疑ったのが、NASです。Synology DiskStation D215jを使っており、AmazonとOne Drive、Dropboxと特定フォルダを同期しています。目的はデータ保護でNAS上のデータをそのまま丸ごと外部クラウドに同期しています。

丸ごとと書きましたが、目的別にフォルダを限定しています。Amazonは写真のみ。OneDriveはドキュメント。Dropboxは一部ドキュメントのみ。これらの同期はここ数カ月に始めたものではなく、すでに同期済み。大きなファイルの入替もありません。

ログを見たところ同期したファイル数も少なく落ち着いています。気になる点としてはタスクバーに同期中のファイルが表示されますが、「同期中」となりiPhoneのアプリがひっかかっているように見えました。(ここは詳細未調査)

いったん、原因特定をしたかったため、クラウドとの同期を止め、その後にNASの電源を落としました。そしてeo光の回線終端装置と光電話アダプターを再起動させました。(後から思えばこれは後で良かったかも!)

これで16日を過ごしました。NASの電源を落としたのは午前2時頃、電源を落としたのは、午前10時頃でした。回線終端装置と光電話アダプターの再起動も同様の午前10時頃。

17日になりデータを確認したところ、7.6TBでしか。明らかに通信は収まっています。とはいえ0.1TBも通信しています。これはNASの同期を止める2時間分が影響しているのか、機器類を停止・再起動した午前10時頃までの通信分なのかが現時点では不明。

この点はもう一日様子を見ようと思います。明日には解明しそうです。詳細は明日の雑記にて!!(笑)

また、今回はeoコールセンターに電話連絡をして通信量制限についても確認しています。この辺はeo光ユーザーには需要があると思うのでブログに書こうと思います。


2018/9/11追記

今頃ですが、2017年末に原因が判明し、現在は解決しているので、ここに追記と報告をいたします。(ひとぅブログには書けておらずすみません。)

原因は、SynologyのNAS、DiskStation(DS215j)のOneNote同期機能が暴走していたようです。Synologyはアプリで機能追加可能です。

クラウドドライブと同期することで外部ストレージへのバックアップが実現し、災害対策になります。Office 365を契約しているので、OneDriveのディスク容量は1TBもあります。

Flickrで写真はバックアップできているので、ドキュメントとビデオをOneDriveに同期していたのですが、あるファイルで同期が失敗しリトライを繰り返していたようです。

原因となったファイルの特定には至っておらず、OneDriveの同期を停止し、通信量が下がった事を確認しました。

気づかずに大量通信をしていたとは、eoからの警告メールが無ければ気づきませんでした。また、クラウドにデータを置くと言うことはいつ何時、情報が見ず知らずの相手に渡るか分からない、と言うことを経験から学べました。気を付けようっと。

いいね! (この記事を気にいってくれた方は、♡をクリックしてね!)
Loading...

Posted by hitoxu