Lenovo Thinkpad X230は今でも現役で戦える名機

f:id:hitoxu:20190321095233j:plain

SSDに換装していてメモリを12GBに増設したWindows 10 64bitになっている我が家のLenovo Thinkpad X230。久しぶりに使いましたが、まだまだ快適に使えるではないですか。

Chromeでブラウジングをしたりブログ執筆のためのテキスト入力、簡単な画像編集程度なら難なくこなします。むしろサクサク快適といった表現でオーバーではありません。

唯一の不満点は解像度の低さですがその点に目をつむればまだまた現役機として使えると言っても過言ではないでしょう。

X230は現在でも中古市場で流通量が多く価格も2万円以下と熟れた物が多いです。 私は2017年2月に33,800円でした。メモリの増設をして38,800円でしたが未だに現役機として戦えるというのはスゴイですね。

hitoxu.com

Thinkpad X230が長く戦える理由は、キーボードの完成の高さも理由に上げられるでしょう。IBM時代の初期のThinkpadのキーボードの方が形が好みでしたが、実際に使ってみると、X230の形状でもとても打ちやすいのです。手が馴染むという感覚は他のノートPCのキーボードでは味わった事はありません。

テキスト入力用のパソコンを安くお探しの方に特にこのノートPCをお勧めしたいです。2万円以下で快適に入力できるPC。テキスト入力マシンとして購入するという手もアリかもしれません。

久しぶりにThinkpad X230を使ってみて改めて素晴らしさを実感しました。

いいね! (この記事を気にいってくれた方は、♡をクリックしてね!)
読み込み中...

Posted by hitoxu