f:id:hitoxu:20190209071753j:plain

病み上がりでしばらく、キーボードを触りたくない時期がありました。

なぜなんでしょうかねぇ。パソコンだいすきな私ですが、パソコンをまったく起動したくない。キーボードも触りたくない!という時期がたまにあります。

以前はそんなことはほとんどなかったんですけれど、ね。最近は数ヶ月に一度あるかな?

もちろん仕事でパソコンを使わない日はないので、完全にキーボードを触らない日はないんですけれども、プライベートの時間では、触りたくない!と体が拒否反応するのです。

みなさん、そんな時期ってありませんか?

そんなときは無理せず、また触りたくなる時を待つようにしています。今日、無事、触りたくなったので復活です!キーボードちゃん、これからもよろしくね!

 

f:id:hitoxu:20190209070841j:plain

仕事の付き合いでどうしても飲みニケーションというものがあります。もともと飲むのが大好きな私はこのとの飲み会は嫌いではありません。しかし家でお酒を飲まなくなった私は外でお酒を飲むのがしんどくなるようになってきました。

理由は翌日に、どうしてもお酒が残ってしまうからです。また、お酒を飲むとその日は1日潰れてしまいますし、仕事の疲れを家で癒そうとしてもそれができません。総合的に考えると、お酒を飲むというのは時間の無駄だとそう思うようになりました。

飲みニケーションで同僚や先輩、そして上司との交流が深まるのは間違いありませんが、惰性的に同僚たちと愚痴だけを言うような飲み会は極力参加をしないようにしたいと思います。

楽しい呑み会とはなにか。

人それぞれ捉え方は違うと思いますが、私はそう考えます。しかし病み上がりでしかも久しぶり呑み会だったので酔いましたわ~!

f:id:hitoxu:20190209065902j:plain

多忙な毎日を過ごすサラリーマンにとって、読書の時間を確保するのは困難です。

「忙しいから」は言い訳になりませんが、実際に通勤時間、家での時間、趣味の時間、休息の時間を考えると、読書にさける時間はせいぜい30分程度ではないでしょうか。

私の場合は読書に時間を割り当てるのではなく、空き時間に読書をするようにしています。最も有効的に読書ができるのがAudibleです。

Audibleはいわゆる朗読をしてくれる読者サービスなのですが、当然ながら目を瞑って読書が出来るのが最大のメリットです。寝る前に目を閉じながら本を読んだり、通勤途中に目を閉じながら読書をすることができるのです。

年齢を重ね、小さい文字を集中して追い続けることが困難になってきますが、寝る前や通勤時間のスキマ時間を活用できるなら読書を苦なくできます。

オーディブルのサービスが始まった時に朗読サービスなんて必要があるのかと、利用シーンがイメージできませんでしたが、今ははっきりとイメージができ、そして実際に活用しています。

隙間時間は、実はその他にも色々あり1人でのドライブやのんびりネットサーフィンをしている時なども朗読を再生していることがあります。一字一句完全に聞き逃すことができない本は意外とありません。雰囲気だけでもわかればいいや、という本はこのようなシーンで聴き流しています。

スキマ時間を活用してインプットの量を無理なく増やすことができる。それがAudibleの最大のメリットと言えるでしょう。

f:id:hitoxu:20161008211944j:plain

申し込みをしていた楽天カードが届きました。申し込むだけで7000ポイントほどもらえるキャンペーンが暖め深く考えずに申し込んだのですが、手元に届くと現在メイン利用をしているクレジットカードのメリットの差を考えると、楽天カードをメインで使うメリットはないと最終判断をしました。

現在使っているクレジットカードは100円使うと1.25パーセントでキャッシュバックがあります。一方の楽天カードは一般のお店では100円で1%のポイント還元、楽天で買い物をすると2%のポイント還元があります。

楽天で買い物をする時だけ楽天カードを使うという方法だけ、しばらくやってみようと思います。そもそも楽天での買い物自体が1年に数回しかないんですけれどもね。

楽天カードを申し込んだ理由の一つとして、Edyのオートチャージがありました。現在はEdyカードのチャージはウインドウズのパソコンにカードリーダーを接続し、クレジットカードからチャージをしています。店頭ではなく、自分でクレジットカードでチャージができるので、先程のメインクレジットカードからチャージをすれば100円で1.25パーセントのキャッシュバックがあり、とてもオトクです。

一方、オートチャージができる、楽天カードはエディへのチャージは200円で一ポイントとなぜか還元率が急激に悪化することが分かりました。これでは、楽天カードでチャージをする意味が全くありません。

色々と書きましたが、そんなこんなで、楽天カードをメインで利用するメリットが見いだせなかったため、楽天での買い物以外はお蔵入りになりそうです。

f:id:hitoxu:20190209063722j:plain

今年の節分も恵方巻きが、日付けが変わると大量に廃棄される事か問題だ、というニュースがたくさん流れていました。このニュースを見て、いつも思うのですが、節分に限ったことではない、非常に大きな問題です。

節分に限らず、日本には季節のイベントが多くあり、スーパーなどはその日限定の商品を大量に仕入れ、大量に販売します。当然売り切れることのないよう多めに仕入れることが多いため、売れ残った商品は破棄されることになります。

当日の夜遅い時間に割引を販売するなど、いろいろな方法は考えられますが、売り手側としては少しでも高く売りたいというのは当然の心情でしょう。

まず最も考えられるのが、作りすぎの数を減らすことができないかということです。予約販売など色々な工夫を各店で行っていますが根本的解決になっていません。

最も有効な方法として考えられるのが、賞味期限の延長と、材料の再利用です。

販売期間もターゲットの日に限定するんじゃなく、数日から1週間程度の賞味期限を余裕を持って製造をします。俺のこれを前提とした食材の再利用を考えていかなければなりません。

値引き販売や形姿を変えた別商品として販売するなど、いくらでも工夫はできると思います。問題になるのはそれらへの加工費、コストです。廃棄した方が安い現状を買えなければなりません。

チェーン店など、コンビニ各社は値引きなどの再販を許すなどの工夫はもちろん、加工のしやすさなどコストを抑える工夫はまだまだできることはたくさんあると思います。いずれにせよ、現在の食品廃棄の多さは異常です。

節分の恵方巻きに限らず、日々のお弁当やおにぎりなども同じです。少しでも廃棄する食材が減ることを切に願ってやみません。