今年で小学生を卒業する娘が、LINEを使いたいと言い出しました。しかしLINEは複数端末で利用することが基本的にできないので、親のチェックができません。

1対1のメッセージ交換ならトラブルも個人対個人なので被害も少ないですが、グループになるとさすがに、はみごにされたり集団でいじめなどのリスクがあるので、難しいところ。

取りあえず決めたルールは以下の通り。

  • 定期的に親のチェックが入る(画面を見せて。と言ったらすぐにみせること。)
  • グループには入らない(1対1のメッセージのみ)
  • できる限り友だちになるのは控える(中学校で離ればなれになる子や、特に仲のいい友だちに限定する)

ふたつめは、友だちとの会話でなかなか断りにくい場面もあると思うので、”なるべく”になるかもしれませんが、基本はこの3つのルールで運用することにしました。

親としては、LINE社には複数の端末でも見られるようにして欲しいな、と思います。いざとなったら、iPadに入れて検閲する予定です。それだけはやりたくないのですが。

みなさんはどのような対策をしていますか?

私はガジェット製品などIT系の商品に興味を持つ傾向があり、人々が興味を持つ前に手に入れて試すことが大好きです。これはIT製品だけではなく共通して言えることですが、「欲しい」と思ったものはすぐに手に入れるべきだと思うのです。

もちろん、本当に必要なものなのか?という自問は必要で、無駄遣いや浪費は御法度です。それらをクリアしたものは、すぐにでも購入すべきで悩んでいる時間がもったいないと思うのです。

その判断が冷静にできたら世話が無いやと言われる方もいると思いますが、いやいや一番その加減を自分自身が知っているはず。欲しいけれど、使う予定はない。必要ない。そのようなものは買っては駄目です。

一番厳しい自分を納得させられれば買ってしまえばいいと思います。自分が納得したのだから誰にも文句を言われる筋合いはありません。ただ、ひとつ条件を入れる必要があります。それは、判断基準として「費用対効果があるか?」を追加しましょう。

欲しい、あれば幸せになる、便利になる。そしてそれは自分のためにいかなる効果をもたらしてくれるか? そう考えるのです。

それらがクリアすればできるだけ早く、そして妥協せず、身の丈にあった上で、できる限りいいものを購入すべきです。

このさじ加減が一番難しいところですが、何度か失敗をしてもいいのです。

何度か繰り返すことでその感覚が分かってくるでしょう。自分が欲しいと思ったものなのだから飽きずに使い続ける可能性も高いでしょう。そしてある程度いいものを選んだなら品質も高く長く使えるモノである可能性も高いでしょう。

長い間、ガジェット好きでいろんなモノを見てきてようやく分かってきた法則です。そんなの当たり前でしょ?と感じる方はすでにその域に達した鉄人です。私も少しでも早く、その域に近づきたいと思います。

せっかくやるんだから。これを念頭に入れるといろんな所にプラスの影響を与えることになるでしょう。

自宅で読売新聞を購読している方へ。みなさんは、読売新聞のインターネットサイトに、「読売プレミアム」というコーナーがあるのをご存知でしょうか?

読売プレミアムは、読売新聞読者専用の有料サービスで、読売新聞購読料プラス150円で利用可能です。

え?有料なの?と思った方、月額150円の価値は十分あるサービスだと私はそのコスパに満足しています。

読売プレミアムの素晴らしいところ

  • 過去10日間の朝刊紙面イメージをPC、スマホどこからでも閲覧できる
  • 紙面は東京版の他、大阪版、西部版、北海道版の最終版を閲覧できる
  • ウェブ版のニュース記事の内容は、無料版(一般サイト)より詳細で文字数が多く、広告表示もない
  • ウェブ版のニュース記事は、速報はもちろん、紙面と同じジャンル分けで同じ記事を閲覧できる
  • myニュースでキーワードで絞り込み、記事一覧表示できる(キーワードは10個まで)
  • ニュースクリップで記事保存できる(1000記事まで)
  • 企画記事・特集記事・マンガ・解説・コラムなどの記事も充実している
  • 専用プレゼント応募企画がある
  • 遊園地など100箇所以上が割り引きになるサービスがある
  • SUDOKUゲームが遊べる(笑)

どうですか? 紙面の情報はすべて閲覧できるので、新聞は自宅に置いておいて通勤中は、タブレットやスマホで紙面や、最新記事を確認することが可能です。

情報過多の昨今、ザッピングで主要記事をチェックするだけのことが多いですが、解説記事や詳細を確認できるのが、新聞記事のいいところと言えるでしょう。

読売プレミアムは紙面イメージを閲覧できるだけでなく、新聞記事の内容をウェブ記事でもその日の朝刊・夕刊というくくりで確認できるのが便利です。

読売新聞を購読されている方は、プラス150円でインターネットのニュース記事を充実させることができます。オススメです!!

絶好調のNintendo Switchの人気ソフト、スプラトゥーン2に追加コンテンツ、スプラトゥーン2 オクト・エキスパンションの発売が決定しました。価格は1,800円(税別)で、7月31日に配信開始されます。

追加コンテンツの配信の前に、4月下旬にVer3.0の配信も発表されました。100種類以上のギアや「ショッツル鉱山」「モンガラキャンプ場」「スメーシーワールド」といったステージの追加、ウデマエX(エックス)の導入されるとのこと。

我が家ではまだまだ遊んでいる、息の長いソフト、スプラトゥーン2ですが、相次ぐ無料アップデートと追加コンテンツの販売は大歓迎です!!

早速、追加コンテンツを先行予約(購入)しました。何やら追加ギアをもらえたようで子供たちは喜んでいました。任天堂は商売上手ですね。

昨日でAmazon Music Unlimitedの契約が終了しました。理由は、「利用頻度が低いから」です。既に、Google Play Musicに契約していて、家ではGoogle Homeで音楽を楽しんでいるため、乗り換える相当な理由が無かったというのが結論です。

もし、Google Play Musicより先に、Amazon Music Unlimitedがサービスインしていたら。もし、Google HomeよりAlexaが発売されていたら状況は変わっていた可能性は多いにあります。

やはり、新しいジャンルのサービスは、早く始めたモノ勝ち。という要素が大きいと思います。もちろん後発サービスの方が使い勝手が良かったり価格面や内容で優位になることもありますが、音楽系のサービスは行き着くところに大きな差は生まれないという事情もありそうです。

Amazon Prime Musicは、Spotifyと同じように流し聴き用としてはたまに使っています。どちらも追加費用なく使えるサービスとしては満足しています。

みなさんは有料音楽サービスは使っていますか?