f:id:hitoxu:20160910092359j:plain

飽き性の私ですが、ブログ執筆だけ不定期ではありますが、本家とこの雑記ブログで長く続いています。今回はそのコツについて私の考えをお話ししたいと思います。

ブログを続ける上で、最も大切なのは、「書くネタがあるか」と「書く気分か」です。

何を当たり前なことを。と思われるかも知れませんが、これに尽きます。

情報をアウトプットするには情報をインプットする必要があります。インプットした情報を自分なりに整理してアウトプットする。このプロセスにおいてその時の気分も大切な要素となります。

この2点を意識してブログの方向性を決めると三日坊主を防げると思います。

参考までに私のブログの運営スタイルをご紹介しましょう。

本家ひとぅブログ

  1. 自分が興味あるものを感じたことを素直に書く
  2. 人に読まれることを意識して構成に気を配る
  3. 更新頻度は意識することなく好きな時に書く

インプットとなる情報は、ガジェット系の製品、家電製品などでニュースや実際に購入したり企業より提供品となります。アウトプットは速報ニュース、お得な情報、TIPS、商品レビューなどとなります。

雑記ブログ

  1. 自分が感じたことをストレートに書く
  2. 記事の構成は特段意識しない
  3. 更新頻度1日1記事以上を目標とする

インプットとなる情報はニュースや日常で起こったハプニング、面白い話題など生活よりの情報も含みます。アウトプットは感想が中心で本当に雑記です。Twitterより長い文章を書きたいけど、本家ブログに書くほどでもない。そんな内容です。

 

このようにインプットとアウトプット、更新頻度を意識しておくとネタがないという焦りもなくなり自然と情報が集まってくると思います。以上、ぜひ参考にしてくださいね!!

f:id:hitoxu:20190413080723j:plain

2019年に、この雑記ブログを、はてなブログにやってきましたが、100日連続投稿を達成しました。(今日で102日目)

ブログの初心者向けの本などでは、「まず100記事を書こう。話しはそれからだ。」的な事をよく見かけますが、その状態になれました。(ちなみに記事総数はこの記事で460個目になるようです。)

100記事書くことで見えてくる物がある。ということが言いたいのだと思いますが、私の場合、これまでに100日連続で書いたことはほとんどなっかたため、改めて続けて書くことの大変さ、そして楽しさに出会えることができたと実感しています。

本家のひとぅブログとの棲み分けも整理できたように思います。この雑記ブログは気になることや感じた事をストレートに記事構成を深く考えること亡く、ダラダラと書く場所と位置づけています。

このため、読者のみなさんに取って役立つ情報は少ないと思います。今考えているのはTwitterとFacebookへの告知を続けるか?です。

本家のブログの更新情報を知りたいためフォローしてくださっている方に取っては、雑記ブログの更新情報は邪魔になるのではないか?と。その結果、本家ブログへの興味も減退することへのリスクを少しだけ心配しています。

まぁ、元々大きなブログではないですし、どちらも、私、ひとぅを前面に出しているブログなので当面気にせずこのままのスタイルでいこうと思います。

f:id:hitoxu:20190412042842p:plain

Amazonは2月20日に5月23日より、Amazonポイントを出品者が1%負担することが必須になると告知していました。これに多くの批判・反発が上がっており公正取引委員会が調査を進めていたようです。

今回、必須を任意に変更し公正取引委員会の調査は終了。Amazonが折れた形となります。

www.bcnretail.com

他のECサイトでもポイント付与は行われていますが契約時に明記されていたか?今回のように途中で強制的に変更した点が問題とされたようです。

個人的にはAmazonポイントはあてにしていなくて、価格が安ければそれでいいと思っていました。1%の強制ならない方がマシと思いますね。

みなさんはどう感じましたか??

f:id:hitoxu:20190411081831j:plain

子供のころから興味深いキーワードだった「ブラックホール」。なんでも吸い込んでしまうほど強い重力があり光さえも吸い込む・・・。

そんな話は夢物語だと思っていた時期もありましたが、実際に撮影することに成功し、その存在を科学的に説明されました。

headlines.yahoo.co.jp

22時からNHKアプリでライブ中継を視聴しましたが、久しぶりに興奮しました。2019年4月10日は人類にとっても歴史的な一日になったと言えるでしょう。

今後の研究にますます注目が集まることでしょう。その中はどうなっているのか?その先に何かがあるのか?まだまだ未知の部分が多いですが、その分だけ想像力も湧き立たせてくれます。これからも注目したいですね。

f:id:hitoxu:20181101213737j:plain
昨年11月に購入したGalaxy Note 9は私が今まで使ったガジェットで最も、優れていると評価している端末です。

これまで感動したプロダクトは数多くありました。Palm、Pomera、iPhone、iPadなどなど。Galaxy Note9 はこれらの集大成だと感じました。

操作性、機能、本体サイズなど。

現時点でまったく不満点はなく、この先数年間は戦える!と思います。

Galaxy S10が発売になり、今秋にGalaxy Note 10の発売が噂されています。おそらく発売されるでしょう。まだリーク情報にとどまりますが、Galaxy Note 9を高く評価する私が唯一改善してほしい点。それは次の一点につきます。

「湾曲の画面を廃止してほしい」です。

Galaxyシリーズは画面の両端にアールがかかっており見た目が美しく指での操作性も悪くありません。本体がシャープに見える効果もあります。

しかし、ペン入力が激しくしにくいのです。

湾曲している部分に文字を書こうとすると、ペンが外側に滑り文字が書けません(反応しないわけではない)。このためGalaxy Notesでは両サイドは空白になりデッドゾーンとなっています。

せっかくの大画面なのにこれはもったいない。ペンがスルッと滑ってしまう時があり、それもストレスだったりします。

次期Galaxy Note 10にストレート画面モデルが発売されれば、買い替えを検討することなるでしょう。サムスンさん、よろしくお願いします!!