Abemaテレビが伸ばすべき強みを考えてみた

f:id:hitoxu:20190224165434j:plain

AbemaTVが3年連続の赤字になったといいます。サイバーエージェントの藤田社長は想定の範囲内ということをおっしゃっていますが、なかなかの赤字額です。インターネットを使った将来のテレビの形を作るという意気込みで挑戦を続ける、AbemaTVですが、今あるテレビとインターネットの動画配信サービスとの棲み分け、差別化をどうすれば、勝ち目があるのか、私なりに考えてみました。

  1. 差別化
    ・テレビではできないような企画の番組を作る
    ・YouTuberではできないような企画の番組を作る
  2. コンテンツ
    ・オリジナルドラマ・バラエティ
    ・ライブ中継(スポーツなど)
    ・ショッピング専用チャンネル
    ・ニュース専用チャンネル
    ・時間がかかり通常テレビでやらない番組(将棋、麻雀など)
  3. 配信方法
    ・生放送
    ・予定された配信時間に配信&過去分も配信
    ・過去配信はシーズン中閲覧可能にする(その後は有料会員のみ視聴が可能)
    ・新シリーズ始まる前に過去のシリーズを一定期間配信(その後は有料会員のみ視聴可能)

AbemaTVのサービスは誰もが、「悪いサービスではない」と期待を寄せているのは間違い無いでしょう。実際に人気コンテンツやジャンルが存在します。現状の問題点は、定着がしない点。

一時的に盛り上がってもそのまま固定客にならないのです。その理由は「分かりにくさ」と「差別化ができていない」の2点でしょう。洪水のように情報過多となっている現代社会ではいくらでも時間消費が可能です。

忙しい利用者をいかにAbemaTVで時間を消費してくれるかがポイントです。

差別化が必要なのは言うまでもありません。同じような事をするのならテレビやYouTubeでいいわけですから。オリジナル番組では有名な芸能人を使う必要はありません。安価でも面白い番組はできるでしょう。規模だけが大きくなっているテレビとの差別化は可能です。また、逆にYouTuberとの差別化も容易でしょう。YouTuberだからできること。AbemaTVだからできること。その境界はしっかりとあると思います。

時間制限がないネットなのでライブ中継は強いですね。途中で番組が終わるなんてことがありません。またリアルタイムで放送できる点も強い。チャンネル数も無限に作れるわけですから、趣味ごとのチャンネルを作れます。現在の AbemaTVでもいい線言っていると思います。

個人的にはコンテンツの配信方法に問題があると考えています。

とにかく分かりにくいのです。

ライブで配信するのはいいですがいつまで閲覧でのるのか?コンテンツごとに無料で視聴できる期間がバラバラで利用者は理解できず「面倒くさそう」とビデオを利用することはほとんどないと思います。これではもったいない。

放送日は普通のテレビと同じように時間が決まっていて、再放送に当たる再配信はニュースやライブなどは1か月程度、ドラマなど連続・シリーズ物は1話から閲覧可能なようにしておくべきです。見逃した場合はもちろん、新規に見ようとするユーザーを取りこぼさない工夫が必要です。

シーズン終了後も1か月程度視聴可能にしておき、次回作のためにファンを獲得しておく。こういった種まきも必要でしょう。そして新しいシーズンが始まる1か月ほど前に同じように旧シーズンを配信すれば、同じようにファン獲得ができるでしょう。映画の新作公開の前に前作をテレビで放映するのと似たイメージですね。

この配信の方法は、旧コンテンツでも同じようにすれば分かりやすいでしょう。個人的には昔のコンテンツは手を付けずに他のオンデマンドサービスに任せたらいいのでは?と思いますけどね。

何はともあれ、AbemaTVはコンテンツを整理し、配信時間と配信期間を分かりやすくすることで、ユーザーはスッキリ安心してついてきてくれると思います。AbemaTVにはぜひ頑張って欲しいと期待しています!!

いいね! (この記事を気にいってくれた方は、♡をクリックしてね!)
読み込み中...

Posted by hitoxu