”イートインする場合は自己申告”、”おかわり自由”。どちらが不公平?

 

f:id:hitoxu:20170801163358j:plain

10月がら消費税が8%から10%に増税されます。食品は軽減税率で8%のまま据え置きになりますが、コンビニやスーパーで食品を購入し持ち帰る場合は、消費税率は8%、イートインコーナーで食事する場合は、10%が適用されます。

どのようにその違いを実現させるのだろう?と思っていたところ、店内にイートインを利用する場合は、レジで精算時に「自己申告」に落ち着きそうだといいます。

現実的にはこれしか方法はないと思いますが、正直者だけが存する仕組みです。今後、セルフレジの導入も進むことが予想され、わざわざ自分から2%多く支払おうなんて人がどのくらいいるのか?また、清算後にイートインを利用したくなった場合は、どうするのか?といった問題も残っています。

これはもう事実上、持ち帰りがベースの店舗は8%が適用される。で実際は落ち着きそうです。

一方、少し話しが変わりますが、定食屋のやよい軒がご飯のお替りを一部店舗で有償化の実験を始めました。地域・店舗によりお替りの価格を変えお客の反応を見ているのだと思いますが、庶民的な私の感覚では1杯50円~100円程度なのかな?と思います。

問題は有償化を検討したという理由です。お替りをしない客からの「不公平感がある」という声です。これには違和感を感じます。やよい軒などお替り自由のお店はそのサービスを含めた価格設定であってただそれだけです。

その意見を受けお替り自由を廃止するならば現在の料金を値下げした上で、お替り有料化をするべきであり、お替り料金だけ課金、というのは道理が通りません。やよい軒のお替り有料化に違和感を感じたのはこのためだと気づきました。

この2つの話題を目にして、次の疑問が湧いてきました。

イートインをする場合自己申告をした人だけが多く税金を払うことになる制度と、おかわりする人としない人、どちらも損はしてないお店のルールとどちらが不公平感があると思いますか??

いいね! (この記事を気にいってくれた方は、♡をクリックしてね!)
読み込み中...

Posted by hitoxu