#ひとぅ雑記 #60

今回の雑記はポメラDM100で執筆しています。気分によってたまにポメラを使っています。ポメラが好評な理由は「外乱要素にじゃまされないから」と言われますが、自分で言うのも何ですが、私はMacBookで執筆していても結構集中して文章を入力することができます。

最近では書斎にこもらずに子どもたちがワイワイにぎやかなリビングの中でも集中できる技術も身につけました。(笑)人間、どんな環境でもその気になれば集中できるものです。

現在利用しているMacBook ProはRetinaディスプレイで文字が鮮明で使っていて「楽しい」、「気持ちがいい」という感想なのですが、正直、15インチはちょっと大きすぎた、とも言えます。作業領域が広いのは間違いなく正義なのですが、リビングでみんながいる中で15インチはちょっと違和感も。

でも13インチのMacBook Proにしたら良かったと後悔しているかと言えばそうでもないです。13インチだとやっぱり中途半端感があったと思います。その理由は我が家ではiMacは家の間取りやスペースの事情で購入予定が無いため、メインマシンはできるだけ大きな画面のノートPCが欲しかったためです。

約半年、MacBook Proを利用して思ったことは、文字入力に適した端末はMacBook Air(11インチ)だったと思います。あの筐体のサイズ感とキーボードの一体感と最高のバランスだと言えます。未だに何年もメジャーモデルチェンジをしていないのに人気な理由がうなずけます。

現在、MacBook Airは嫁の専用端末となっており、主にWindows 7で利用しています。(BootCamp)今更返して欲しいとなかなか言い出せなかったりします。そこで2015年に発売が噂されているMacBook Air(12インチ)に興味を持っています。

もし筐体サイズがそのままで、ベゼル部分が細くなって12インチに画面サイズが大きくなったとしたら・・・。かなりの確率で買ってしまいそうです。(笑)Retinaディスプレイは搭載すればうれしいですが、MacBook Proとの差別化や価格が上がってしまう要因になるなら未搭載でもいいかな、と思います。

長くなってしまいましたが、新しいMacBook Airの発表を楽しみに待ちたいと思います。(いつ頃発表されるのかな?)

いいね! (この記事を気にいってくれた方は、♡をクリックしてね!)
Loading...

Posted by hitoxu