#ひとぅ雑記

新しい物好きで飽き性、ひとぅの雑記ブログ

折りたためるスマホブームはやってくるか?

f:id:hitoxu:20190224165035j:plain

ついにサムスンのフラグシップモデルのスマートフォン、Galaxy S10が発表されました。今回最も注目されたのはなんといっても折り畳めるスマホ、Galaxy Foldでしょう。

普段は折りたたんで細長いスマートフォンとして使っていて、雑誌などを広い画面で閲覧したい場合、スマートフォンを開いて内側の画面で楽しめます。つまり三画面本を搭載していることになります。

フラッグシップモデルを超えるコンセプト機のような位置付けになる今回のGalaxy Foldはまさに今出来ること全ての技術を投入したモデルとなります。このために10万円越えからという価格設定は目が飛び出そうになってしまいますが、ある意味予想の範囲内と言えます。

2019年に発表と発売される、折りたたみスマートフォンは、試験機のような位置づけになってしまうでしょう。メーカー側もユーザー側もどのような使い方ができるのか、の模索をする機器となるのでしょう。

私自身、折りたためることでのメリットは画面を広くできること。コンパクトに収納できること。ですが、折りたたんでまでする収納させる必要があるか?普段、半分の大きさで使う必要があるのか?は正直イメージができていません。

現状は、折りたたんだ状態で通常のスマートフォンの約2倍の厚さでなるため、その優位性を感じられないのだと思います。将来的に折りたたんだ状態でも薄くて普段は邪魔にならないサイズで使って、大きく見たいときはさっと開く。なんてスマートな使い方ができれば利用シーンが具体的にイメージできると思います。

発売後の利用者からの感想やどのような新しいアイデアが出てくるか?が楽しみです。折りたためるスマートフォンのブームはやってくるかな?